Social Businessソーシャル事業

HOME > ソーシャル事業 > avanti農園

Project concept栽培を通じて
生きる原点「衣・食・住」を、知る・楽しむ。

~世界中の大地をもっと健康にしたい~
アバンティ農園では、「コットン」「カモミール」「大豆」「米」「野菜」などの
オーガニックな農産物を栽培をしています。
大切なのは、自然の摂理に逆らわない方法で愛情をもって育てること。
生物の本来あるべき姿は、健やかで無理のない栽培方法(オーガニック農法)にあります。
わたしたちは「無理のないことは長く続けられる」と思っています。
大地も生物も無理を強いられると、いつか終わりがくる。
共生し、命を続けること、を私たちはもっと考えていかなければいけないのです。

日本中の大地をもっと健康にしたい。世界中の大地をもっと健康にしたい。
大地が健康になったとき、人々は心から健康になれるのです。
まだまだ小さな農園ですが、アバンティ農園にはそんな想いが込められています。
全ての生物には生きる意味があります。
ひとつひとつの命を大切にし、やさしくあたたかくたのしく農業に取り組んでいきます。

avanti農園@小諸エコビレッジ 栽培品目
(アーカイブ含む)

コットン(和綿)

avantiの生業であるオーガニックコットン。日本の生地になる原材料の自給率を上げるために、日本各地で栽培していただいています。原料から国産にこだわった製品をつくっています。

カモミール

収穫時は花畑に。「カミツレ研究所」にお届けし、「華密恋」商品に生まれ変わります。

大豆

収穫した大豆は全てお味噌にしています。PRITINEのお客様とご一緒に作りました。

日本古来の風景である、棚田で栽培しています。
無農薬で育てる、昔ながらの方法で育てています。
年末のお歳暮や、小諸エコビレッジでのツアーなどで食べていただいてます。

野菜

自分で食べるお野菜は自分で作る。自給自足をテーマとしています。活動拠点である「小諸エコビレッジ」に来ていただいたお客様と、PRISTINEのショップに来ていただいたお客様に召し上がっていただいております。

ご相談・お問い合わせ

avanti農園に関するご相談・お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

お電話でのお問い合わせ

tel.03-3226-7789

fax.03-3226-7580

受付時間:(平日)午前10時〜午後5時

(ソーシャル事業部)

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム