Organic Cottonオーガニックコットン事業

HOME > オーガニックコットン事業 > オーガニックコットンができるまで

オーガニックコットンができるまでCultivation diary

確かな品質を守る。

自然の摂理に逆らわない農法で

大切に育てる。

アバンティは、世界中の厳選されたオーガニックコットンを輸入しています。
もちろん、どの畑も厳しい基準をクリアしています。

オーガニックコットンとは3年以上、農薬や化学肥料を使わない畑で栽培された綿のこと。
オーガニックコットン畑の土は、おもに有機肥料として牛糞を使用します。
そうするとバクテリアが豊富になり、やわらかくて栄養たっぷりの土になります。

ファーマーは土を触って、匂いをかいで、ときには舐めます。
そうして土が健康であるかを常にチェックしているのです。
ファーマーにとって、土を管理することは最も重要な仕事でもあるのです。

また、アバンティは遺伝子組み換えの綿花の種を一切許していません。
遺伝子組み換えは品種改良と違い、
複数の生物の遺伝子を合体させて新種の生物を創造する技術だからです。

世界中でオーガニックコットンのシェアが10%になることを目指して。
アバンティは常に未来の地球のことを考えています。

オーガニックコットンができるまでを、ストーリーにまとめました。

オーガニックコットンができるまでを、ストーリーにまとめました。

アバンティーのフィロソフィーブックです。

アバンティのものづくりストーリー