Informationおしらせ

HOME > インフォメーション > アバンティ > 【レポート】2018年11月末吉日 野沢菜漬けへの道@小諸エコビレッジ~その①

【レポート】2018年11月末吉日 野沢菜漬けへの道@小諸エコビレッジ~その①

アバンティ

2018年11月末吉日
弊社ではお歳暮でお世話になった方へ手作りの品をかれこれ7年、発送させてもらっています。
それに従業員への家族へも!

今年の中身は、、、
と、発表してしまうと開けてびっくり嬉しい気持ちが半減してしまうので、1品だけ『発送までの道』として裏がわを公表したいと思います。

その品は“野沢菜漬け”!!
タイトルに書いてしまったので、大大的に書かなくてもわかりますよね。
なぜ野沢菜漬けか。
それは、アバンティファン、プリスティンファンならだれもが知っている、行ったことのある、小諸エコビレッジ
その小諸エコビレッジのある場所は“長野県”。
長野県の名産といえば“野沢菜!”
※毎年いろいろ悩んで決めているので、来年も同じかは定かではありません。

ということで、野沢菜栽培は現在現地に滞在しているスタッフが不在のため、エコビレッジや生態系のことを教えてもらっている池田雅子さんご夫妻に。足らない分は、味噌ツアーなどで大人気のみつ子さんの畑から。そして野沢菜漬けの総合プロデュース(監修)もみつ子さん。
収穫時からソーシャル事業部の2名が入り、漬けるところまでしてきました。

その②へつづく。。。

※発送作業までを順次追ってレポートしていきたいと思います。

1126_017